FC2ブログ

ルイボスティーのアレンジ。

ルイボスティーのアレンジ方法を見つけたので、こちらに覚え書きしておきます。

(ルイボスティーの茶葉は、飲み物以外にもさまざまな場面で使え、飲むだけでなく美容や健康維持に関連するアイテムとして最適。
効能などはこちらを参考に↓
http://www.shizenai-japan.com/efficacy.html)

私はとても面倒くさがりなので、飲んでいるまま、何も配合せず使っていますが、うるおいなどが欲しい場合は下記を参考にしてみると良いかもしれません。

<ルイボスティー化粧水の作り方>
[用意するもの]
ルイボスティー 9g
水 2リットル
精製水※1 適量
グリセリン※1 適量
化粧ボトル 1本

[手順]
(1)ルイボスティー9gを2リットルの水で約50分煮出してください。
(2)煮出しが終わったら、ふたをしてそのまま30分ほど蒸らします。
(3)余熱がなくなったらお好みで精製水やグリセリンを適量入れてください。
(4)持ち運びに便利な化粧水ボトルに入れて完成!


<ルイボスティーパックの作り方>
[用意するもの]
ルイボスティー化粧水/小麦粉 大さじ2杯
[手順]
(1)ルイボスティー化粧水を作る。
(2)ボウルに小麦粉を入れ、少量ずつルイボスティー化粧水を入れる。
(3)全体になじむよう、かき混ぜて完成!

煮出した茶葉・ティーパックでこんなことも出来ます。

<アイピロー>
煮出したティーパックを冷蔵庫で冷やせば、アイピローとして。

<入浴剤>
使用済のティーパックは、入浴剤として使えます。
2~3個湯船に浮かべるだけでOK。

<肥料>
煮出した茶葉は肥料にもなります。
土に混ぜると豊富なミネラルとSODが栄養となり、お花や木がとっても元気に!


これから、季節の変わり目にくる肌荒れに一躍かってくれそうです。
スポンサーサイト

ルイボスティーのお話。

カテゴリーは石鹸生活の部類なのに
ルイボスティーのお話。

今春に、地元のお祭りで購入したルイボスティー。
調べてみると、かなり沢山の効果が期待出来る優秀なお茶でした。
効能などはこちらに記載↓
http://www.shizenai-japan.com/efficacy.html

自然愛japanというお店のものですが、
こちらのお店のものは、独自の仕入れや、特別に焙煎した馴染みやすいものが売られていて安心感があります。
(ルイボスティーに限らず、お茶というのは、本当に色々な所で取引されているので、やはり安心感が大事ですね。
自分自身もお茶の国(緑茶)出身なので、実家で送ってくれる業者は大体決まっていて、いつもそこから送られてきます。)
ルイボスティー自体はノンカフェインなどで以前から気になってはいたのですが、
飲むだけでなく、色々な方法で使えるというのは知らなかったので、ちょっと試してみました。

今回は、上記に挙げた自然愛japanというお店(店舗販売ではなく、ネット販売や出店が主なお店です。しかも販売元は我が綾瀬市)の焙煎ルイボスティー。
これは、このお店独自の製法で焙煎それたお茶だそうなのですが、普通のルイボスティーと飲み比べてみると、焙煎されているものは、とても飲み易く、店舗で市販されているものとは全く違う風味でとても好きで、
よく水筒にポンと入れて持ち歩いています。

まずはマグカップに入れて普通にいただき、その中の大さじ1を取り分けて少し冷まします。
ルイボスティー自体は煮出した方が良い様なのですが、手軽さ第一でカップに入れてしまいます(^_^;)
自宅仕事中の温かいお茶は、心身共にリラックスするので良きお供。



取り分けた1さじのルイボスティーを、お風呂上がりに化粧水として使っています。
肌荒れがひどい時は、少量の小麦粉を適度にルイボスティーで溶いて顔にパック。



↑これ、お風呂前にしてあげないと、顔周りの残りカスをとるのが大変なのですが、パック後ある程度乾燥したものをポロポロさせてからお風呂で洗い流してあげると良さそうです。肌の酸化や老化を助けてくれる効果がある様子なので、日焼けでひどい時や吹き出物が気になる時に肌をお休みさせています。
私は普段は石鹸素地がほぼ配合されている無添加の石鹸で全身を洗っているので、肌自体には合成界面活性剤の洗浄剤に含まれるいわゆる「合成成分の膜」が肌に残留していない状態での使用なので、こういうものの効果は、早めに出る方なのですが、
ルイボスティーはすごい早い段階で効果が出るのでびっくりしました!

飲んだり、肌につけたりした後の残り茶葉は、とても栄養があるとの事で
観葉植物の土の上にも使えるらしく、我が家の小さな植物達へ。



これから、季節が涼しくなっていくので、少しメンテナンスが必要かなと思っていたので、これも嬉しい限り。
葉っぱの色が少し濃くなってくれたような感じがするのは、ルイボスティーの効果でしょうか。
化粧水などのアレンジ使用例は、こちらのページを参照。

http://himaissa.blog.fc2.com/?no=144

入浴剤やアイパック、化粧水などは、普通のタイプのルイボスティーや粉ルイボスティーで惜しみなく使えそうです。
これから、季節の変わり目に出る肌荒れに一躍かってくれそう。

自然愛japanさんがネット販売(カード決済)始めたので、買い易くなりました。
http://www.shizenai-shop.com/

茶葉もとても良いものですが、アルガンオイルなども取り扱っているので、とても興味があります(*^_^*)
パッケージもとてもお洒落で洗練されていて良い印象です。

お店のオーナーさんもとてもケアの行き届いた方なので良い感じですよ(*^_^*)

お店のホームページはこちら
PC閲覧はこちら↓
http://www.shizenai-japan.com/

スマホやモバイル閲覧はこちら↓
http://www.shizenai-shop.com/

NHK高校講座~化学にて

なにげなくTVをつけていたら番組でこんな授業をやってました。
「NHK高校講座・化学・第4部有機化合物「油脂とせっけん」」
内容はというと、菜種から油脂を作る工程とまたそこから
せっけんが作られるという工程等でした。
せっけん愛好家の一員として、あんな感じで詳しく分子構造等までやってるのは
初めて見たのですごく興味が湧いたのでとりあえず見てみる事にしました。
色々な物質が出てきたので細かくは覚えてはいないのですが
ざっと見た所で、雰囲気だけはつかめたような気がします
スミマセン曖昧で(^^:)
が・・・
じつは、せっけんを作る工程だけでなく、その後洗剤が作られる工程も
やっていて、またその2つの溶液に色々なものを混ぜることで
あわ立ちが消えたり残ったりという項があり、
当然、酸を加えた石けん溶液はあわ立ちは消え、石けんカスのみが残り
洗剤の溶液はどれを混ぜてもあわ立ちは消えないという結果でした。
それを見たコメンテーターの女の子が一言・・・
「へ~じゃあ、洗剤の方が使い勝手に富んでいるのね~」
みたいな事を言ってその番組は終ってしまったのです。

ここで・・・
せっけん愛好家の皆様どうなんでしょうか???
ちなみに汚れが落ちる分解の画像の提供は「○王」でした(爆)
う~ん、それでいいのかNHK・・・
私としては、この後同じ番組で環境汚染かなんかの題材で続きを
やって貰いたいと思ってしまったのでした(^^:)

VIVA!クエン酸♪

先日買い替えたばかり電気ポットの湯あかが、どんなにこすっても出てくる・・・
う~ん、気になる・・・う~ん・・・
新しいポットでもクエン酸洗浄は有り?かなぁ・・・
試しに入れて、ポット洗浄~~
ひえ~~~ぴっかぴか!
やっぱりクエン酸はすごいね~~~♪
あんなにすすいでも出る湯あかがぜんぜん出ない!
美味しいお茶でひと休み♪
至福の時~☆
プロフィール

向陽葵姫

Author:向陽葵姫
向陽葵堂事典へようこそ!
我が家で起きた色々な出来事を
ぼちぼち綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR